2017年09月09日

アンティークレース チュール+フィレ

アンティークレースはどれも時代を経てきた味というのでしょうか、
どのレースもみんな素敵だけれど、個人的にはチュール系レースが好みです
チュールレースの繊細で儚い感じに惹かれます
現代は機械でいろいろの種類のチュールレースが作られているので、珍しくない感じがするかもしれませんが、アンティークレースには今の工業製品のチュールレースとは全く違う趣があります
時を経てきた分ホツレていたり、ホールがあったり、手はかかりますけどね(>_<)

今回アップしたレースは私の好きなチュールレースにこちらも好みのフィレレースが組み合わさっているという
ほんとうにもう私にはたまらないレースです💓
ただやっぱりホールなどがあり、うまく活かせるかどうか…でもなんとかがんばろーっと
IMGP4902.JPG

posted by ランジュ at 21:42| Comment(0) | アンティークレース | 更新情報をチェックする

2017年08月03日

アンティークレースと私

好きで集めていたアンティークレース
素敵なレースを見つけるとついついほしくなり・・・
コレクションだけしている時はアンティークレースというのは古いレースなので、
変色していたり、ホツレがあったりは当たり前
むしろその古色蒼然としたところがよくて
ピカピカのアンティークレースなんてない、とその経年による味を楽しんでいたのだけど
リメイクした作品を販売となると、そうとも言ってられなくて
シミは漂白したり、ホツレはかがったり、時にはティーダイ(紅茶染め)をしたり
ウットリ眺めてだけいたころが懐かしくなることがあります(*´Д`)
でもアンティークドールのお洋服を作られる方はその古さを愛でてそのまんま使われるとか
アンティークドールはないけれど、小さいころからお人形も大好きなので
そのうちお人形作りにも挑戦してみたいな…そしてアンティークレースのついたお洋服を着せてみたい💓

今日の出品定番のがま口ポーチ2点
IMGP4545.JPG
IMGP4529.JPG
posted by ランジュ at 21:42| Comment(0) | アンティークレース | 更新情報をチェックする

2017年07月14日

アンティークレースの洗濯

手元に届いたアンティークレースは汚れやほこりを取るためいつもそっと手洗いしています。
先日珍しく長めに手に入ったアンティークチュールレースを洗って干した時の写真です。
庭の柿の木にひっかけたハンガーでゆらゆら風に揺れているレース
夏の陽の光に照らされて、とってもきれいだったので、パチリ!
画像ではうまく伝わらない気がするけど、ホントきれいでしたよ。
このレースを使ったがま口バッグも出品中です。

緑の中で輝いているアンティークレース
IMGP4300.JPG


エクリュリネンと合わせたがま口バッグ
IMGP4291.JPG



posted by ランジュ at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | アンティークレース | 更新情報をチェックする

2017年01月12日

アンティークレースのこと

今日はアンティークレースについて
アンティークレースをよくご存知の方には今更の話ですが、
「アンティークレース」という名前の現在作られているレースと思っている方もおられるようなので、簡単に説明しますね。

文献によるとレースは16世紀の半ば頃に現れて、イタリア、ベルギー、フランスなどで作られ続けてきました。
最初はレースの一目一目手で作るという気の遠くなるような時間と労力をかけて作られていたので、王侯貴族が富と権力の証として身につけていたそうです。
もちろんそんな古いレースは博物館やコレクターが額に入れて飾っておく超貴重なお宝レースで、とても手の届くものではありません。
私たちが手に入れることができて、リメイクに使えるのはせいぜい1930年頃以降のものです。
それでも現在のレースにはない趣や風合いがあり魅了されます。

洋服、ペチコート、カーテン、棚飾などに大事に使われていたものを取り外したものが多いのですが、
お店の倉庫に眠っていたり、家庭で使われずに保管されていたデッドストックと呼ばれるものもあります。

でもアンティークレースの最大の悩みはなかなか完全な状態のものがないということです。
下の画像でわかるように小さな穴があいていたり、シミやヤケがあったりということがほとんどなのです。
フランスからエアメールで届いた時は70㎝くらいはあるな、とにんまりしていても、穴やシミの部分を取り除くと結局使えるところは60cm足らずでがっかり!ということは日常茶飯事。
時には、できたー!と喜んで後でじっくり見たら、小さな穴が見つかってボツ、なんて悲しい出来事もあります(泣)
そんな時はアンティークレースのリメイクなんて手がかかるばかりで始めなければよかった・・・とブツブツ泣言が出るのですが、
また新しいレースを見るとやっぱり素敵!! 
たぶんこれからもこの繰り返しだと思いますが、頑張ります!
IMGP2215.JPG
IMGP2214.JPG




posted by ランジュ at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | アンティークレース | 更新情報をチェックする

2016年12月23日

アンティークチュール刺繍レース

最近フランスから届いたアンティークレース
当時のタグがついたまま
何と形容していいのやら、私のつたない語彙では表現しきれません。
美しいものに余計な言葉はいらないですね。

2枚画像をアップしたけれど、どちらも実物の繊細さ、可愛さは出せなくて、
歯がゆい~(;´Д`)
IMGP2068.JPG
IMGP2067.JPG




posted by ランジュ at 14:07| Comment(0) | TrackBack(0) | アンティークレース | 更新情報をチェックする