2017年02月23日

ざんねーん!!

今日はとても悔しい失敗!
このところ毎日夜なべ仕事(死語かも)で
ざっくりとした質の良いリネンにチクチク…クロスステッチ
やっとできたー!と大急ぎで仕立てたのが間違いの元
黒の麻ダンガリーと合わせて通帳ケースに「うん、シックでなかなかいいじゃん」(*^^)v
ところがところがよーく見ると、なんと模様の中心がずれてたぁぁぁ(T_T)

なんで気が付かなかったのだろう…
出品するつもりだったのに…ざんねーん(泣)

中心が右へ1cmくらいずれています(;´Д`)
IMGP2609.JPG
posted by ランジュ at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ハンドメイド | 更新情報をチェックする

2017年02月14日

iichi通信に掲載して頂きました

2月14日のiichi通信に掲載して頂きました。
黒リネンにブラックレースの大人のポーチです。
シックだけれどエレガントなものをという気持ちで作ったので
華やかなお祝いの席にという特集に選んで頂いてとっても嬉しいです!
it-585d1c8902073-1200.jpg



posted by ランジュ at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年02月11日

マリーアントワネット展

六本木ヒルズの森アーツセンターギャラリーで開催されている「マリーアントワネット展」に行ってきました。
アンティークレース関係の本でマリーアントワネットのレースという美しいレースを見ていたので、
ちょっと期待していったけれど、そのレースは今回はありませんでした。残念!
でも肖像画などの絵画とマリーアントワネットが実際に使っていた食器や手紙など思っていたよりたくさん展示されていました。
少し前に中野京子さんの「美術品でたどるマリーアントワネットの生涯」を読んでいたことが
今回の鑑賞にとっても役立って、よかったー(^^♪
数日続いていた少し暖かい日から一転、雪のちらつく凍えるような寒い日だったけれど、
大勢の人(主に女性)で賑わっていました。

基本撮影禁止ですが、プチ・アパルトマンといわれるマリーアントワネットのプライベートな居室を原寸大で再現したコーナーだけは撮影OKということで写してきましたー

マリーアントワネットのベッド 
プライベートな空間ということでヴェルサイユ宮殿の他のところと比べると上品で可愛い雰囲気
DSC_0239.JPG
DSC_0234 1.JPG


posted by ランジュ at 20:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年02月02日

庭仕事とおやつ

最近、庭仕事が楽しくて、ひょっとして私ってガーデナーの素質あり?
なんて思ったりしてる今日この頃です。
今は雑草が生えていたり、いらない木があちこちにあったり
親の代はどうやら和風の庭を目指していたらしく、私の理想のイングリッシュガーデンには程遠い有様(>_<)
それをなんとかしてバラの咲き乱れる庭にしようなんて、無謀かしら???

去年やっとつるバラ「新雪」の苗を植えたばかりで、まだまだ道は長いなあ。。。
本によるとローズガーデンにするには5~10年くらいはかかるそう・・・続くかなぁ・・・
まあ今の所は天気のよい日は庭に出て、土を耕したり、木の剪定をしたりして遊んでいます(#^^#)
もうすぐするとオンラインショップで買った「マチルダ」というバラの苗が到着することになっています。
今からワクワク💕
そんなわけで縫物が進まないのが悩みです(;´Д`)
そして庭仕事とほんの少しのミシン踏みの合間にかかせないのが甘い物!
ご近所さんに近くパン屋さんのあんパンがめっちゃ美味しくて人気と聞いて早速買いに走りました。
パンの部分が薄くて中央がふっくら膨らんでいて山のよう、もちろんあんこたっぷりです(*^-^*)
漆のお皿にのせたらまるで逆さ富士のようになりましたー(^^)

バラの花はまだまだ先なので今日はあんパンです(^^ゞ
DSC_0236 1.JPG

posted by ランジュ at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年01月21日

インポートファブリック刺繍生地

とってもとっても素敵な布を見つけましたー
イギリスのファブリックメーカーの刺繍生地。
少しグレーがかったフラックスのしっかりした地にカラフルな刺繍と細いロープのようなものをあしらった手の込んだすごーく可愛い生地です。
カラフルといってもとても落ち着いた色合いで私の好みにぴったり。
高価だったので、しばらく悩んだけれど、やっぱり欲しくて買っちゃいました(^-^;
画像では 刺繍糸の上品な光沢や色合がお伝えできるかどうかわかりませんが、実物はホント素敵です。
実はもうバッグを製作中、あと一歩のところです。

IMGP2283.JPG





posted by ランジュ at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ハンドメイド | 更新情報をチェックする

2017年01月12日

アンティークレースのこと

今日はアンティークレースについて
アンティークレースをよくご存知の方には今更の話ですが、
「アンティークレース」という名前の現在作られているレースと思っている方もおられるようなので、簡単に説明しますね。

文献によるとレースは16世紀の半ば頃に現れて、イタリア、ベルギー、フランスなどで作られ続けてきました。
最初はレースの一目一目手で作るという気の遠くなるような時間と労力をかけて作られていたので、王侯貴族が富と権力の証として身につけていたそうです。
もちろんそんな古いレースは博物館やコレクターが額に入れて飾っておく超貴重なお宝レースで、とても手の届くものではありません。
私たちが手に入れることができて、リメイクに使えるのはせいぜい1930年頃以降のものです。
それでも現在のレースにはない趣や風合いがあり魅了されます。

洋服、ペチコート、カーテン、棚飾などに大事に使われていたものを取り外したものが多いのですが、
お店の倉庫に眠っていたり、家庭で使われずに保管されていたデッドストックと呼ばれるものもあります。

でもアンティークレースの最大の悩みはなかなか完全な状態のものがないということです。
下の画像でわかるように小さな穴があいていたり、シミやヤケがあったりということがほとんどなのです。
フランスからエアメールで届いた時は70㎝くらいはあるな、とにんまりしていても、穴やシミの部分を取り除くと結局使えるところは60cm足らずでがっかり!ということは日常茶飯事。
時には、できたー!と喜んで後でじっくり見たら、小さな穴が見つかってボツ、なんて悲しい出来事もあります(泣)
そんな時はアンティークレースのリメイクなんて手がかかるばかりで始めなければよかった・・・とブツブツ泣言が出るのですが、
また新しいレースを見るとやっぱり素敵!! 
たぶんこれからもこの繰り返しだと思いますが、頑張ります!
IMGP2215.JPG
IMGP2214.JPG




posted by ランジュ at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | アンティークレース | 更新情報をチェックする

2017年01月03日

今年もよろしく

新年あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします<(_ _)>

2017年1月1日
風もなく晴れて澄んだ空気の中の富士山
DSC_0215.JPG


お正月もやっぱり和菓子
画像ではわかりにくいけど、白、ピンク、若草色の小さな丸い形が可愛い!
新宿「青柳」の最中
DSC_0191.JPG




ラベル:富士山 新年
posted by ランジュ at 07:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年12月23日

アンティークチュール刺繍レース

最近フランスから届いたアンティークレース
当時のタグがついたまま
何と形容していいのやら、私のつたない語彙では表現しきれません。
美しいものに余計な言葉はいらないですね。

2枚画像をアップしたけれど、どちらも実物の繊細さ、可愛さは出せなくて、
歯がゆい~(;´Д`)
IMGP2068.JPG
IMGP2067.JPG




posted by ランジュ at 14:07| Comment(0) | TrackBack(0) | アンティークレース | 更新情報をチェックする

2016年12月13日

ライラックリネン

日ごとに寒くなってきて、うちの小さな庭もほぼ枯葉色
なんだかさみしい・・・
いつも黒や茶系の色が好きな私も明るい色に惹かれるのは
そんな季節の変わり目のせいかも・・・
以前にも同じライラック色のリネンを使っていたけれど、今回はそれより少しくっきりした色合いのきれいなリネンです。
今出品中のがま口に使っているレースはまるでモダンレースのようにきれいな状態のヴィンテージレースで、デッドストックと思われます。
これから他のタイプも製作予定です。
IMGP1942.JPG



posted by ランジュ at 10:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ハンドメイド | 更新情報をチェックする

2016年12月09日

ランチとアンティーク

先日、友人と小田急線新百合ヶ丘にある昭和音大の敷地内にあるレストラン「イル・カンピエッロ」に行ってきました。
落ち着いた雰囲気の中でおいしいイタリアンを頂きました。
でも、まだまだしゃべり足りないオバサン4人組は近くにある「田園ポテト」のカフェに直行。
とっても可愛いお店で、ケーキも美味しくて、久しぶりの再会に積もる話もゆっくりできてよかった(^^♪
そのお店の奥の片隅にアンティークな飾り棚を発見。
古い木製の靴型やケーキ型など、いろいろなアンティークグッズが飾られていて、素敵!
ケーキの写真も撮ったりしたけど、こっちの飾り棚の写真をアップすることにしました。

DSC_0176~2.JPG




posted by ランジュ at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする