19世紀 Creema ICカード iichi minne おやつ お寺 お菓子 かわいくて作りたくなる小さなバッグ がま口 がま口バッグ そごう美術館 ぬいぐるみ ひな人形 ぶどう アクセサリー アネモネ アンティーク アンティークリネン アンティークレース アンパン イギリス イタリア イタリアン イタリア製生地 インテリアファブリック ウール オーダー ガーデニング クロスステッチ グルメ コスモス コットン コレクション サイクリング サコッシュ ショルダーバッグ ススキ ソーイング チュールレース トートバッグ ドール ハンドバッグ ハンドメイド ハンドバッグ バッグ バラ パッチワーク パーティバッグ パーティーバッグ ビロード フランス ブックカバー ブティック社 ブドウ狩り ベルギー ホビー ポーチ マイブーム ミシン メルスリー ランチ リネン リメイク レディブティックシリーズ レース ワンピース 二つ折り財布 五十肩 京都 人形 伊豆 会話 修善寺 初夏 刺繍 刺繍生地 博物館 友達 史跡 和菓子 園芸 季節 富士山 巾着 帰省 庭仕事 庭園 懐紙入れ 手作り 手芸 手芸本 散歩 新年 新百合ヶ丘 果物 植物 洋裁 浄瑠璃寺 熱海 牡丹 甘党 甘味 生地 美術 美術館 肩こり 自然 葡萄 財布 買い物 趣味 通帳ケース 野原 雑貨 青葉台 骨董 高原 IICHI minne

ブティック社レディブティックシリーズ掲載

2018/05/16 15:06
ブティック社レディブティックシリーズ「手仕事のあるこだわりのバッグ」が5月2日に発売依頼を頂き製作したバッグが3点掲載されています レース使いのバッグ2点と刺繍1点レース使いはトートバッグタイプとショルダーバッグです 3点ともご希望があればお譲りいたします。ご希望の場合はminne iichi creema それぞれのメッセージ・質問からお尋ねください トートバッグはかすれた大きい花模様が大人っぽいリネンプリントに濃紺のリネンを合わせていますもう少し生地部分の巾を広くす..

続きを読む

日本製レース

2018/02/23 14:53
製作に使うちょうど良いアンティークレースを見つけるのはとーっても大変!古くて状態の良いアンティークレースはお値段がかなり高くリメイク用としてはとてもとても手が出ない(*_*;それでもやはりアンティークレースが好きなのでなるべく状態もよく、そしてお手頃のレースを見つけながらなんとかかんとか続けていますが、最近、日本製の素敵なレースがあることを発見さすが、日本の技術はすごいなあ…デザインも可愛いくて、素材も化繊ではなく綿や麻なので風合いもよくこれなら使ってもいいかな…何より、ホツ..

続きを読む

財布

2017/12/17 20:15
先日、ついに重い腰を上げて整形外科に行ってきました。五十肩だと思っていたのに、レントゲンをとったら肩の骨と腕の骨のつなぎ目というか接続部分(?)がちょっとずれていたことが判明(>_<)しばらく週2でリハビリに通うことになってしまいましたー(泣)こんな中でも製作も家事もやってまーす右の肩を急に動かしたり、伸ばしたり、後ろに動かしたりしなければ大丈夫なんです・・・って結構制約ありですが(笑)まあなんとか頑張ってます今日は自分がほしくて二つ折り財布を作ってみました手間が..

続きを読む

アンティークレース チュール+フィレ

2017/09/09 21:42
アンティークレースはどれも時代を経てきた味というのでしょうか、どのレースもみんな素敵だけれど、個人的にはチュール系レースが好みですチュールレースの繊細で儚い感じに惹かれます現代は機械でいろいろの種類のチュールレースが作られているので、珍しくない感じがするかもしれませんが、アンティークレースには今の工業製品のチュールレースとは全く違う趣があります時を経てきた分ホツレていたり、ホールがあったり、手はかかりますけどね(>_<) 今回アップしたレースは私の好きなチュール..

続きを読む

メルスリー

2017/08/26 23:31
メルスリーというのはフランス語で「手芸屋さん」とそこで扱う「材料や道具」のことですハサミや糸巻き、ボタン、リボン、レースどれもみんな可愛いものが多くて大好きです最近、ネットで手に入れたミニソーイングケース長さ5センチくらい アンティークでも、由緒のあるものでもないけど小さくてとっても可愛くて、眺めているだけで嬉しくなります実際に糸、針、ボタンなどを入れられて実用にもなるのですよお出かけの時バッグに入れて行こうー💓

続きを読む

アンティークレースと私

2017/08/03 21:42
好きで集めていたアンティークレース素敵なレースを見つけるとついついほしくなり・・・コレクションだけしている時はアンティークレースというのは古いレースなので、変色していたり、ホツレがあったりは当たり前むしろその古色蒼然としたところがよくてピカピカのアンティークレースなんてない、とその経年による味を楽しんでいたのだけどリメイクした作品を販売となると、そうとも言ってられなくてシミは漂白したり、ホツレはかがったり、時にはティーダイ(紅茶染め)をしたりウットリ眺めてだけいたころが懐かし..

続きを読む

もっと見る